【2019年】メルセデスベンツ GLA大幅に値引きしてもらうコツとは?

◆GLAを安く手に入れるための方法は?

【2019年】メルセデスベンツ GLA大幅に値引きしてもらうコツとは?

引用:wikipedia

 

近々GLAを購入されたい方、そのGLAをかなり安く買える方法があります。

 

これからお伝えする方法で、数十万円も安く買うことができたと言うお言葉もいただいています。

 

GLAの購入をご検討の方は、是非この情報を利用して安く手に入れてください。

 

 

◆GLAのおおよその値引き金額は?更新日:

 

GLAのおおよその値引き金額は、25万円です。

 

現在販売されているGLAは、2019年1月にマイナーチェンジされたものです。

 

値引き金額は上記のとおりですので、この金額を参考に交渉を進めてください。

 

 

◆GLAの大幅に安く買える時期はいつ?

 

【2019年】メルセデスベンツ GLA大幅に値引きしてもらうコツとは?

  • 1月〜3月・・決算期
  • 6月〜7月・・ボーナス期
  • 8月〜9月・・中間決算期
  • 12月・・・・ボーナス期

上記が大幅な値引きが予想できる時期ですが、その中でも特に期待できる時期は「決算期」です。

 

この「決算期」はどのディーラーも一年の内で一番売り上げを上げたい時期でもあり、売り上げを上げるため値引きも惜しまずにしてきます。

 

必然的に購入側からの値引きの交渉もしやすく、GLAを安く買うことも容易と言えます。

 

購入時期にこだわらないのであれば、この「決算期」に購入されたほうが最も安く買うことができるでしょう。

 

 

◆GLAの値引きに関する具体的な方法は?

 

【2019年】メルセデスベンツ GLA大幅に値引きしてもらうコツとは?

 

値引き交渉の最も良い方法は、GLAとGLAのライバル車と競合させることです。

 

GLAのライバル車の例

  • ボルボ・・・XC40
  • BMW・・・・ X1
  • レクサス・・UX
  • アウディ・・Q3

GLAの交渉の前にライバル車の見積もりを取っておきましょう。

 

 

ただ、見積もりしてもらうときに注意することがあります。

 

・ライバル車も、GLAと同クラス、装備も同等のものを選ぶ。
・競合させるためのライバル車の見積もりであっても、真剣に値引き交渉をして見積書を作成してもらう。

 

交渉相手となる販売員は、毎日の商談の中でお客が取ってきたライバル車の見積もりを見ることもあり、常に新しい情報を把握しています。

 

そんな販売員に対して、適当な見積もりを見せても有効な手立てにはならないでしょう。

 

値引きに成功するには、買う予定がないライバル車の見積書であっても買う気で見積もりをしてもらうことがとても大切です。

 

 

◆GLAを購入された方の実例

 

【2019年】メルセデスベンツ GLA大幅に値引きしてもらうコツとは?

 

・鳥取県 45歳男性 (2019年7月契約)

 

本体価格(180)・・4,140,000円
オプション ・・500,000円

 

本体値引き額・・・250,000円
オプション値引き額・・100,000円
下取り額(Cクラス 2012年式)・・1,000,000円

 

合計:3,583,550円
諸経費含む

 

 

愛知県 35歳男性 (2019年6月契約)

 

本体価格(220 4MATIC)・・5,345,440円
オプション・・600,000円

 

本体値引き額・・300,000円
オプション値引き額・・150,000円
下取り額(セレナ 2009年式)・・300,000円

 

合計:4,967,790円
諸経費含む

 

 

◆GLAはさらに安く買えるのか、注目すべき点とは?

 

 

購入された方の実例を見ると、とても安く購入できた例と言えます。

 

ですが、この実例よりもさらに安く買える秘密があったとしたらとても気になりますね。

 

そこでチェックしていだきたい項目が、「下取り額」です。

 

この下取り額ですが、一般の中古車買い取り専門店よりも低い金額になってしまっています。

 

ディーラーが値引きを大幅にする代わりに下取り額を低くする、ということも考えられますが、実は「下取り額」が安くなってしまう仕組みがあるのです。

 

次のページで「ディーラーの下取りの秘密」、「下取りを高額にする方法」をご紹介します。

 

GLAを安く手に入れたいあなた、ぜひお読みください。

 

→下取り額を高額にしてGLAを安く手に入れる方法はこちら

【2019年】メルセデスベンツ GLA大幅に値引きしてもらうコツとは?